5年後の勃起障害を防ぐ

薄毛と勃起障害に関する体験談について

 成人男性の中には薄毛や抜け毛といったAGAの問題を気にする方が多くいらっしゃいます。これは仕方のないことで、成人男性ともなれば男性ホルモンの分泌が増え、その結果、薄毛や抜け毛が増えることとなります。そのため、薄毛や抜け毛といったAGAが進行しやすい状況にあります。しかし、AGAの進行は見た目にも深刻な影響を与えるため、悩みを持つ人の中にはAGA治療薬を服用される方もいます。このAGA治療薬は効果的である一方で、しばしば、勃起障害をもたらすという体験談も寄せられています。なぜ、AGA治療薬を服用することで、勃起障害の体験談が寄せられるのかと言うと、AGA治療薬が男性ホルモンを抑制することにあります。それゆえ、AGA治療薬で男性ホルモンが減少すれば、AGAの進行も止まりますが、当然のことながら勃起障害も生じるということにもなります。しかし、もし、AGA治療薬により、勃起障害となっても心配はいりません。AGA治療薬の服用を止めればAGAの進行も始まるものの、男性機能もまた回復していきます。しかし、男性機能も低下させず、AGAも何とかしたいと考えるのなら、ノコギリヤシを利用するという方法もあります。これはノコギリヤシのエキスにAGA治療薬と同等の効果があるだけでなく、AGA治療薬の副作用もないため、今、注目を浴びるものとなっています。ノコギリヤシエキス入りのサプリメント等はドラッグストアでも安く入手することができるので、これを使わない手はないでしょう。現在のところ、ノコギリヤシには否定的な体験談は少なく、肯定的な意見が多く寄せられているため、男性ホルモンの過多で悩んでいるのなら、ノコギリヤシの使用を検討してみても良いかもしれません。

勃起障害に効果的なed外来とマッサージのやり方

勃起障害とは、陰茎の勃起の発現あるいは維持ができないために満足の性行為が行ないない状態であったり、性交時に有効な勃起が得ることのできないために満足な性行為ができない状態などの男性の性機能障害の一種のことをいいます。
この勃起障害を効果的に治療するためには、ed外来にいくことなどが良いとされています。ed外来では問診によって、勃起障害の原因や勃起能力について質問されます。治療するときは主に薬によって治療を行ないますが、その薬が安全に服用できるかを確認するために必要に応じて血圧や脈拍、血液検査、尿検査、心電図測定などの検査が行なわれるため、精神的な問題による勃起障害だけではなく、肉体的な問題も検査することができるようになっています。ed外来にいくことによって、勃起に有効な治療を行なっていくことができるのです。
運動不足や生活習慣が問題である場合、ed外来にいくよりも生活を改善していくことが大切となります。運動としては、スクワットやサイクリング、ウォーキングなどが効果的で、ほかにはマッサージがおすすめです。
マッサージのやり方としては、左手の薬指の側面にあるツボは血液の流れが良くなり、ホルモンの分泌が活発化させる効果があるため、勃起中枢の活発化も期待することができます。肉体的疲労も勃起に関係してくるため、肉体的疲労も改善して同時に男性機能を回復させるためには、下腹部にある関元、中極、大赫と呼ばれるツボ、背中にある命門などのツボや足首にある三陰交といわれるツボを指でマッサージを刺激していくことで男性機能を回復させていくことができます。
これらのツボを一日2~3回、一回3分毎日行なうことによって効果を得られます。

勃起障害とツボと自力について

ツボ、特に足裏には、とても多くのツボがあります。

ツボを押すと、体の不調が治るくらいに、足の裏のツボは体の神経などと繋がっており、よく耳にするリフレクソロジーなどや足裏マッサージなどは、体がとても固まってしまった肩こりの人や、生理の痛みで苦しんでいる女性の方たちにも、とても人気のものです。

勃起障害は、生殖器ですので、生殖器のツボももちろんあります。

その場合、どこが勃起障害のためのツボであるのか?というと、足の裏のかかとの辺り周辺が、生殖機能をつかさどる足裏の揉むべき個所になっているため、そこを自力で押してみると、勃起障害にも効果がある可能性があります。

自力で押し込む場合には、または、誰か他にマッサージなどを行ってくれる人がいない場合などには、机などに手を置き、それから椅子にしっかりと座り、机の下にゴルフボールなどを置いて、ころころと転がします。

上記のように、足裏の場合には、ツボはかかとの部分、よく膨らんでいる箇所が生殖機能をよくする場所であるため、そこを自力で押し込んでください。

または、壁などにもたれかけて、壁に背をつける形で、足裏をゴルフボールなどでマッサージするという手もあります。

自力ではなく、リフレクソロジーの専門店や足裏の専門店に行き、マッサージをしてもらう場合には、どこの箇所がマッサージをしてもらうのに希望する場所なのか、疲れやこのような障害がある、ということを伝えられれば、その箇所を重点的にマッサージしてくれます。

また、何度か上記のリフレクソロジーや足裏マッサージの店舗に通うことで、足裏の血行も良くなり、体全体としても、リラックスできる効果が得られるため、お得となっています。

勃起障害の改善を目指したシルフィルは類似品とは違う

男性機能の改善を目的として製造されたシルフィルは、陰茎の血流や代謝を増進して勃起力を高めることを中心に考えられたサプリメントで、勃起障害の改善、ペニスの増大効果が見込めると言われています。勃起障害を改善できると謳っている類似品とはあえて異なる主力成分を使っており、天然素材を中心に配合しているため安全性の高いものとなっています。精力増強に効果があると言われるトンカットアリ、マカをふんだんに配合し、血流改善に効果的なL-アルギニン、精子の生産量に関わる亜鉛、その他ビタミン類を多く含み、男性機能の問題に対応できるようにしています。ペニス増大効果のある精力剤の中ではシルフィルが最も勃起力アップの効果が高いと言われていますが、単純に効果を求めたものではなく、安全性を中心に開発されたサプリメントというのが特徴です。類似品の中にはペニス増大の効果が大きいと謳うものも多いですが、シルフィルは勃起障害の改善にも役立つトータルな精力剤で、あくまでも治療を目的とした使用法になっており、いまではペニス増大の効果が一人歩きしている状態ですが、あくまでも主要目的は勃起障害の治療であり、ペニス増大は副効用のような位置づけとなっています。類似品ではこの辺があやふやなものが多いため、ペニス増大の効果が中途半端であったり、精力剤としての効果が薄かったりしますが、シルフィルでは目的がはっきりしているので、購入する人にも分かりやすいものとなっています。勃起障害の治療は主にED治療薬を用いた改善となりますが、医薬品では副作用や血圧の問題で使用制限があることから、使えなかったという人も少なくありません。シルフィルは健康食品のカテゴリにあるので、安全に使用でき制限もないため、誰でも飲むことができます。

勃起障害のお薬はネットの個人輸入代行サイトから購入

勃起障害は男性の暮らしに致命的な悪影響を及ぼします。
まずペニスの機能が失われる事によって、精神的な打撃を受けます。
自分自身は男としてもうだめだ、という自責の念が現れ、自らにダメ人間のレッテル張りをしてしまいます。

勃起障害には更に女性から指摘されてしまうデメリットがあります。
ある意味で、最もペニスを見るのはお付き合いしている恋人や結婚している女性です。
勃起障害になってしまうと、ペニスがいつも立ちません。
女性の目線からすれば、いつもペニスが立っておらず、自分は魅力の無い女性ではないかと不安になってしまいます。
また勃起障害の男性は、セックスする事が出来ませんので、女性からしても夜の営みが出来ない彼氏や夫は退屈だ、という評価になりがちです。

勃起障害を患うとセックスが今までどおり出来なくなりますので、大げさな意味ではなく、男としての楽しみが一つ奪われる事になります。
ただ、幸運な事に勃起障害を治療出来るお薬が、昨今では日本国内でも入手可能となりました。

インターネット環境さえあれば、いつでも個人輸入代行サイトより購入出来ますので、
勃起障害のハンデに困っている方は、一度購入を真剣に考えてみましょう。
購入出来る量は、通販サイトのように自分で決められます。
一度に購入出来る量には上限があり、個人輸入代行サイトでは多くの場合、31日以上の使用量を超える注文は受け付けていません。

要するに勃起障害のお薬であれば、一度に30錠までが一度の注文で購入出来ます。
原則として一日1錠の利用が定められており、治療薬によっては一箱4錠単位で販売されているため、
8箱以上の注文は出来ず、合計28錠の7箱までの注文が限度になっています。

勃起障害と量と認可について

勃起障害は、男性にとって、大変に自信を喪失するとても辛い病気の一つです。

勃起障害が起きてしまうことによって、自分自身をとても責め、結果としてうつ病にまでなってしまい、最悪自殺を考えてしまわれる男性の方もおられます。

このような勃起障害ですが、大きなストレスや、過去に付き合った女性に酷い言葉を、性交渉の際に言われた、傷つく言葉を何度も言われた…このようなトラウマが原因で、勃起障害が起こってしまうケースもあるのです。

自分だけがこのような障害を持っているのだ、と悩む男性が多い一方で、最近ではブログやブログの日記、またはいろいろなSNSを通して、同じように勃起障害で苦しんでいる人が多いことが分かりました。

その人の量の多さは、一昔前は、このようなインターネット環境がなかったため、分からなかったものですが、いかに多くの方々が、悩んでいるのかを知ることができます。

勃起障害は、睡眠不足などによっても引き起こされます。

たとえば、睡眠の量が少ない、または睡眠をしていても、しっかりとした眠りの量が少ない…などのことがあると、このような勃起障害になりやすい、とされています。

またそれと同時に、栄養の量が少ない、食べているものが少ないなどの料理や栄養の量によっても障害が出てしまいます。

認可された栄養士さんや栄養管理士さんに、上記のような場合は、料理の栄養のことなどを尋ねると、専門で、認可された学校などで学んできた人たちであるため、詳しく、栄養について教えてくれます。

また、心に上記のようなトラウマがある場合には、認可されていないボランティアなどの団体でも、勃起障害についての悩みを受け付けており、体験がある人がいることから、具体的なアドバイスを聴くこともできます。

前立腺がんの摘出とアムロジンOD錠による勃起障害

前立腺がんは日本人には少ない病気と言われていますが、近年では欧米人のライフスタイルや食事に似た生活をしているためか、罹患する確率が増えてきています。がんが肥大することで排尿が困難になり、進行すると血尿が出たりリンパ節や骨に転移して下半身麻痺などを起こす原因となります。治療方法は放射線やホルモンといった様々な方法がありますが、前立腺を摘出するという方法も存在します。摘出手術では後遺症として勃起障害に発展することがあり、勃起ができずに困った場合はED治療薬を用いた治療を行うこともあります。前立腺摘出の際に、神経温存手術で神経を残すことができれば可能性はありますが、どうしても神経を切断する必要があった場合は、完全な勃起障害となってしまい治療しても勃起は不可能となります。アムロジンOD錠は血圧を下げるために用いられる経口薬で、高血圧症の人に処方されます。分類的にはカルシウム拮抗薬となっており、血圧のコントロールのため必要に応じて増減されるのですが、副作用として極稀に器質性の勃起障害が起こることがあります。また、治療薬を使用しなくても高血圧の合併症として勃起ができなくなるリスクもあるため、アムロジンOD錠を使用している人は、ED治療薬との併用が必要になる場合もあります。ただし、アムロジンOD錠だけでなくED治療薬にも血管を拡張する作用があり、相互作用によって血圧が下がりすぎてしまう可能性もあるため、気軽に使用できるような治療薬とはなっていません。そもそも血圧に異常がある人はED治療薬の使用が推奨されていないので、勃起障害を改善しようと考えている人は、かかりつけの医師と相談して使用できるか、使用できたとしても注意点などを確認しておく必要があります。

勃起障害をパートナーと治療する方法

ED(勃起障害)の治療は、パートナーと一緒に取り組んだほうが効果的です。
うまく勃起しないという焦りで起きている心因性のEDであれば、なおさらパートナーの理解がないとうまくいきません。病気のことを告白するのは辛いかもしれませんが、早く改善するためにも症状のことを話しておいて、ゆっくり待ってもらえるような環境を作るようにしましょう。
パートナーからの一言で、気持ちが落ち着いて症状が改善する可能性もあります。
ED治療のために医療機関を受診する際にも、パートナーと一緒に行くのがベターです。泌尿器科や専門院を受診するのは本人もパートナーも気がひけるかもしれませんが、今では良い治療薬もあります。
もしパートナーからのプレッシャーが原因になっているようであれば、性行為はひとまず置いておいて、楽しい時間を共有してみるというのも良い方法です。
会ったばかりのときには正常に勃起していたのに、性生活のマンネリ化によってEDが起きている場合には、付き合い始めた頃のトキメキを思い出すためにも良いムード作りを心がけたほうが良いでしょう。
部屋作りとしては、ピンク色など興奮する色を使ってムードを盛り上げたり、といった方法も有効です。いつもの場所でやると成功しない場合には、ホテルなど場所を変えて行ってみるのも良いでしょう。
どうしても医療機関を受診したくないのであれば、ネットで販売されているED治療薬を使うという方法もあります。海外から個人輸入で購入する方法で、合法で入手することができます。
ただし、ネットで扱われているED治療薬の半分以上は偽物と言われているので、十分に信頼できる業者を見つけて、そこを利用するようにしましょう。

勃起障害を彼女に告白するタイミング

男性からED(勃起障害)を彼女に告白するタイミングは、性行為の前後は避けたほうが良いです。落ち着いて話せる時間があるときに「ちょっと話がある」という感じで切り出すと良いでしょう。
時間がないときに慌てて伝えてしまうと、肝心なことが伝わらない可能性があります。場合によっては破局という最悪のケースも考えられるので、慎重に伝えるようにしましょう。
最も避けたいタイミングは、ムードが盛り上がってきたときです。相手が興奮しているときに伝えると、冷められてしまう危険性があります。
彼女の性格によって反応は違うと思いますから、タイミングはよく考えて行うようにしましょう。
できれば、気づいたら早めに伝えたほうが良いです。そうでないと、性行為のたびに「自分に魅力がないから失敗するのではないか」「他に彼女がいるのではないか」などと勘ぐられてしまう可能性があります。
こうなると、お互いにとってマイナスにしかなりません。
男性にとってEDを伝えることは羞恥心を感じる行動かもしれませんが、本当に理解し合えるパートナーであれば、体のことを心配してくれるはずです。
そして、EDは治る病気だということも忘れずに伝えるようにしましょう。今では有効な治療薬もありますし、それを使えば大部分の症状は改善することができます。
彼女が不信感を持ってしまう前に、落ち着いて話せる時間帯に切り出すようにしましょう。
ED治療は男性だけではなく、女性の協力も必要になります。特に性行為の失敗やプレッシャーが原因の心因性のEDの場合には、パートナーの理解なしには改善が難しいです。治療を効率よく進めるためにも、できるだけ早く伝えておくようにしましょう。