5年後の勃起障害を防ぐ

勃起障害を彼女に告白すべき理由

ED(勃起障害)のことは、彼女には伝えておいたほうが良いです。
なぜなら、EDはパートナーの協力なしには治すことが難しいからです。時間がかかれば「どうしたのだろう」と心配するかもしれませんし、場合によっては「浮気でもしているのでは」「自分に魅力がないからでは」という不信感を抱かせてしまう恐れもあります。
プライドの高い男性ほど、EDのことを告白せずに一人で問題を抱えてしまいがちですが、パートナーとうまくやっていくためにも症状についての説明はしておいたほうが良いでしょう。
可能であれば、パートナーと一緒に医療機関で相談を受けるのが理想です。特にストレスやトラウマが原因の心因性のEDの場合には、パートナーとの不和が原因になっていることもあります。その場合にはいくら治療薬で血流を改善しても、根本的な問題が解決していないので効果が出ない可能性もあります。
伝えるのは屈辱と考えているかもしれませんが、何も知らせずに相手に不安を感じさせたり、不信感を抱かせてしまうよりは先に伝えておいたほうがよっぽどマシです。
動脈硬化など体が原因のEDであれば、ED治療薬を使えば治るケースが多いです。ED治療薬は勃起をおさめてしまうPDE5(ホスホジエステラーゼの5型)という酵素の働きを阻害して、血管拡張を促すcGMP(サイクリックグアノシン一リン酸)という物質を増やすことで正常な勃起を維持させるようにします。
体が原因になっているEDに対してはもちろん、ストレスやトラウマが原因の心因性EDの症状改善にも効果が期待できると言われています。
治療薬にはパートナーやその子への副作用はないと言われていますが、後でトラブルにならないように事前に薬のこと伝えておくためにも、EDを彼女には教えておきましょう。

■勃起障害の改善に女性も協力できる
ラブグラ
■勃起障害の薬は通販で購入するのがおすすめ
シアリス 通販
■勃起障害の治療薬で有名なバイアグラのジェネリックはこの薬
カマグラゴールド
■勃起障害(ED)のクリニックを調べる
ED 病院