5年後の勃起障害を防ぐ

勃起障害をパートナーと治療する方法

ED(勃起障害)の治療は、パートナーと一緒に取り組んだほうが効果的です。
うまく勃起しないという焦りで起きている心因性のEDであれば、なおさらパートナーの理解がないとうまくいきません。病気のことを告白するのは辛いかもしれませんが、早く改善するためにも症状のことを話しておいて、ゆっくり待ってもらえるような環境を作るようにしましょう。
パートナーからの一言で、気持ちが落ち着いて症状が改善する可能性もあります。
ED治療のために医療機関を受診する際にも、パートナーと一緒に行くのがベターです。泌尿器科や専門院を受診するのは本人もパートナーも気がひけるかもしれませんが、今では良い治療薬もあります。
もしパートナーからのプレッシャーが原因になっているようであれば、性行為はひとまず置いておいて、楽しい時間を共有してみるというのも良い方法です。
会ったばかりのときには正常に勃起していたのに、性生活のマンネリ化によってEDが起きている場合には、付き合い始めた頃のトキメキを思い出すためにも良いムード作りを心がけたほうが良いでしょう。
部屋作りとしては、ピンク色など興奮する色を使ってムードを盛り上げたり、といった方法も有効です。いつもの場所でやると成功しない場合には、ホテルなど場所を変えて行ってみるのも良いでしょう。
どうしても医療機関を受診したくないのであれば、ネットで販売されているED治療薬を使うという方法もあります。海外から個人輸入で購入する方法で、合法で入手することができます。
ただし、ネットで扱われているED治療薬の半分以上は偽物と言われているので、十分に信頼できる業者を見つけて、そこを利用するようにしましょう。