5年後の勃起障害を防ぐ

勃起障害に効果的なed外来とマッサージのやり方

勃起障害とは、陰茎の勃起の発現あるいは維持ができないために満足の性行為が行ないない状態であったり、性交時に有効な勃起が得ることのできないために満足な性行為ができない状態などの男性の性機能障害の一種のことをいいます。
この勃起障害を効果的に治療するためには、ed外来にいくことなどが良いとされています。ed外来では問診によって、勃起障害の原因や勃起能力について質問されます。治療するときは主に薬によって治療を行ないますが、その薬が安全に服用できるかを確認するために必要に応じて血圧や脈拍、血液検査、尿検査、心電図測定などの検査が行なわれるため、精神的な問題による勃起障害だけではなく、肉体的な問題も検査することができるようになっています。ed外来にいくことによって、勃起に有効な治療を行なっていくことができるのです。
運動不足や生活習慣が問題である場合、ed外来にいくよりも生活を改善していくことが大切となります。運動としては、スクワットやサイクリング、ウォーキングなどが効果的で、ほかにはマッサージがおすすめです。
マッサージのやり方としては、左手の薬指の側面にあるツボは血液の流れが良くなり、ホルモンの分泌が活発化させる効果があるため、勃起中枢の活発化も期待することができます。肉体的疲労も勃起に関係してくるため、肉体的疲労も改善して同時に男性機能を回復させるためには、下腹部にある関元、中極、大赫と呼ばれるツボ、背中にある命門などのツボや足首にある三陰交といわれるツボを指でマッサージを刺激していくことで男性機能を回復させていくことができます。
これらのツボを一日2~3回、一回3分毎日行なうことによって効果を得られます。